読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわやかトラウマ一人旅日記

音楽が好きな30代男がぼっちを極めるため、世界や国内をヤケクソ気味に一人旅をしたその記録です!

【台湾旅行記1】2011年5月の台湾 いざ、高雄へ

読んでいただき、ありがとうございます

このさわやかトラウマ一人旅日記、全く更新していないのに結構(大した数じゃないけど)アクセスがあるんです!ありがたい!ありがとう…。

はてなのプレミアムサービスに加入していないので、アクセスの細かい動向はわからないけど、てっきり「アレ?自分の記事、自分で読み過ぎたかな」って思ったんです。「ログインしてるユーザーが自分で見たらそれがアクセス数にカウントされるなんてありえない」って思うでしょ?でも、はてなだからあるかも?はてなダイアリー時代はログインしている自分の分もカウントされていた。でも半月で1000とかさすがにそこまで自分で見ない。

誰かが更新を期待して何度も来ているとは思わないけど(やはり検索が大きいと思う)、結構な人が来ているのに全く更新されないブログというのは寂しい。しかし旅行に行けない(悲しい事情)ので、更新もできない。ということで過去に行った旅行について書くことにします。

2011年ゴールデン・ウィークの台湾!これは僕のベスト一人旅と行ってもいい素晴らしい旅行でした。今は台湾旅行ブームだし、情報が古いけどきっと役に立つと思う。

今でも何故か覚えている数々のエピソード。でもいつか記憶から消えてしまうかも。仕方が無いけどそれはやはり寂しい。せっかくだからここに残しておこうと思い、更新します。

台湾新幹線で、高雄

「世界一危険な航空会社」として有名な><チャイナ・エアラインで台北へ。

バスで桃園空港から新幹線の駅で移動し、台湾新幹線へ。目指すは台北第2の都市、高雄。カタカナ読みだとガオシュン。実は台湾はこの時3回め。1回め2回め共に、台北近辺の旅だった。よく「外国人が東京だけを旅行して日本を知った気になるのはおかしい」という意見がありますが、本当にそうですね。それは他の国にもあてはまるなと思い、台湾の「台北以外の場所」に行ってみようと思い、スケジューリングしました。 

f:id:maemuki:20150916213119j:plain

台湾新幹線の終点から地下鉄に乗り換えて、中心部へ。地下鉄をあがって、まず思ったのは「暑い!」雲ひとつ無い青空に、日差しが容赦無く注ぐ。そういう気温もあってか、街には南国感が漂う。植栽の植物もヤシみたいだったり、どこか南国っぽい。台北との違いもわかってきた。日本の都市では那覇と横浜と大阪って感じ。

旗津島

f:id:maemuki:20150916215210j:plain

2011年5月の台湾、という日程を強調したのは理由がある。何があったのか、日本人なら絶対に知っている筈だ。

当時の日本「もしかしたら日本はもうダメかも」なんていう空気に満ちていた。台北行きのチケットを取ったのも正直に言うと4月中旬だった。逃げたかった。一瞬でも。この時期に享楽的な行為は愚かだし申し訳ない、と思う気持ちも、もちろんあった。

でもとりあえず来てしまった。来ちゃったもんは仕方がない。というような事をこの風景を見ながら考えていた。

ちなみにこの時、BGMでおじちゃん達のちょー下手くそなカラオケが流れていた。近くに屋台カラオケみたいなのがあったのだ。あまりにも下手くそ過ぎて、癒やされた。

とりあえず「旗津島」という島にフェリーに乗って向かった。

f:id:maemuki:20150916221115j:plain

f:id:maemuki:20150916221143j:plain

フェリーで、5分ほど。賑やかな通りには名産の海鮮を食べさせる店が沢山並ぶ。

思ったより観光地っぽいが、外国人は全然いない。地元の人の憩いの場という感じ。

歩いて行くとビーチに出る。ちょうど夕焼けの時間だった。

f:id:maemuki:20150916221354j:plain

もしかしたら日本はダメになるかもしれない。

f:id:maemuki:20150916222337j:plain

違う国と同じように、日本でも誰かと誰かと愛し合う、繋いでいく…。

f:id:maemuki:20150916223144j:plain

かなり暑いけど、さすがに5月でオフシーズンだからサーファー以外に泳いでいる人は少なかった。でもシャワーもあったし、夏は海水浴客で混みそう。交通の便も良いし、海鮮も美味しそうだし、こんな所が都会のすぐ側にある高雄が羨ましい。こういうところや港の辺りの雰囲気、建物、台北とは全然違う。「南」の開放感がどこかにある。

六合観光夜市

市内の2つある大型夜市でも一番大きい夜市。本当は地元の人が多いらしいもう1つに行きたかったけどこの日は休み。大人しく観光客は誰もが行くらしい六合観光夜市へ。

f:id:maemuki:20150917082518j:plain

 台湾に行くたびに思うのだけれど、この夜市というものが、なぜ日本に無いのか。こんなの毎日やってたら絶対楽しいと思う。ハッピーになれる!特にぼっち人生から見ると、羨ましすぎる屋台フード。日本で屋台を出すのはいろいろ厳しいらしく、おそらくこうはいかないだろう。

美味しい臭豆腐も日本では売らない。臭いから?臭すぎるから?もちろんこの日も臭豆腐屋台へ一直線!日本では食べられない(実は結構お店で出しているらしいけど)ので、いつもこればっかり食べる。独特の…(う○○)に似ている香りに、濃厚な味。豆腐の淡い風味もあるようなきがする。野菜も沢山!匂いがたっぷり染みこんだ野菜うまい。

f:id:maemuki:20150928214115j:plain

 

この後パパイアミルクなんかを飲みつつ、定番のマッサージへ。

足つぼマッサージを受けたのだが、担当の人が、大久保佳代子にそっくり!「めちゃイケ」で謎の中国人?ということで大久保佳代子がマッサージしてたコントを思い出してどうしても笑ってしまう。でも「イタイですか」「あなた腸悪いね」とか言ってくれて優しい。 

そんなこんなで1泊目は過ぎました。