読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわやかトラウマ一人旅日記

音楽が好きな30代男がぼっちを極めるため、世界や国内をヤケクソ気味に一人旅をしたその記録です!

【番外編:ドイツ1】初めての海外はドイツ!ワールドカップ!しかも、タダ!

ドイツ、ワールドカップ編

 

このブログは「さわやかトラウマ一人旅」だけど、この初海外は2人だった。

だから書かなかったけど、やっぱり「初めての海外」は自分に取って大きかった。

ので、書きます!

一応「番外編」と付けておきます。一人旅ではないので。

 

夢が叶う 

小さな頃は、海外に行くことを夢見ていた。

「なるほど・ザ・ワールド」が好きだった。そして世界に興味を持った。家には地球儀があって、いつもグルグル回して見ていた。

まだ見ぬ国、大陸、地形、首都名、主要都市、それをずっとずっと眺めていた。

母はそんな僕を異常だと思ったのか、児童館に行くように勧めたのを覚えてる。

もちろん馴染めなくてすぐ退所したと思う。

 

その後も海外に行くことはずっとなかった。家族の旅行もなかった。

 

一方、姉はスノーボードの合宿でニュージランドに行っていいなあと思っていた。3ヶ月の合宿を終えて帰ってきた姉は「ねえ、ニュージーって、オーストラリアの下にあるんだね!アメリカの隣だと思ってた!帰りの飛行機で初めて知ったの」」と言ってくる。ニュージーランドなんてホントーに羨ましい。

僕が本気でそう思ってるとは、姉は気付かなかったと思う。

 

そして悲しみの20代。前にも書いたけど(イタリア編のラスト)、生きるのがやっと、という暗黒のロスジェネライフ。しかし20代終わりのころに転職した会社でなんとか首の皮一枚が繋がった。

 

それは突然

ある日、会社のチャットでURLが送られてきた。同僚の仲良しの女の子から。「これー見てすごくない?」

 ○○(サービス名)に登録して、ドイツ・ワールドカップ日本対ブラジル戦を観戦しよう!ドイツ観戦ツアーにご招待!

 みたいな内容だった。

「へー凄いね」と思った。随分景気が良いなと思った。

「すぐ応募できるみたいだし、応募しようかな」

「サッカー好きなの?」

「サッカーは興味ないの」

「僕もだよ。当たったら行く?」

「当たらないでしょw」

「そうだね」

「とりあえず応募しよう」

僕も応募した。

 

そしてある日、家のポストに不在配達票が入っていた。見覚えはあるけど、特に付き合いのない会社だった。なんだろう。そしてすぐに「まさか」と思った。

再配達は明日になる。でも、ありえない。そして翌日

「あなたをドイツワールドカップに招待します」という内容だった。

旅行代理店の電話番号が書いてあったので電話した。そして参加の意思を伝えた。

もろもろまた郵便物が来るとのこと。

当選したのは1組2名。僕は行くとして…もう1人どうしよう。3泊5日。平日も挟む。

しかし、打ってつけの人物がいたのを思い出した。

それはバンド時代からの仲良しのS君。かれは大学生だしヒマそう。そしてかなりサッカーが好きだった。早速電話をする。「ねードイツのワールドカップ行かない?」「はあ?」

 それから始まって、なんとか説明をした。「行く?」「行く行く行く」とノリノリ。一応気が狂ったと思われないように、本人にあって、郵便物を渡して見てもらう。

「ほんとに行けるんだ」と興奮していた。羨ましい。僕はサッカーに興味無い。でもドイツには興味津津だった。

 

その後、パスポートを取得した。初めてのパスポート。僕の本籍は長野だと思ってたけど実は名古屋市港区だった。その他ローマ字表記が間違っていた、苗字の漢字も正確にいうと違っていたことを知った。

なんとかかんとかパスポートも取得した。そして燃油代も振り込んだ。これは別途負担らしい。ただし他の請求は一切なし。タダ!タダ!

「タダより高いものはない」というから、あんまり浮かれていてもダメだ。

 

出発

f:id:maemuki:20160610220115j:plain

「初海外」だったけど、実は「初飛行機」だった。何もかもが初。最後にならないように。タダじゃなくてもいいから!

出国審査など、はっきりってよくわからなかった。初めての空港。気がつくと席についていた。S君は何度も海外に行ってるらしく「余裕なんで」みたいな感じだった。S君は本当に仲がよかったけど、謎な部分が多い人だった。

 

 初めての機内食もやっつけて、僕は外を眺めていた。延々と続く森。たぶんロシアだと思う。日本とは違う風景。これが「世界」なんだ。

そしてアムステルダムの空港に到着した。

2へ続く 

f:id:maemuki:20160610220035j:plain

 

maemuki.hateblo.jp

maemuki.hateblo.jp

maemuki.hateblo.jp