読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわやかトラウマ一人旅日記

音楽が好きな30代男がぼっちを極めるため、世界や国内をヤケクソ気味に一人旅をしたその記録です!

北海道逃避行2013 その13 小樽市総合博物館本館でにわか鉄ヲタごっこ

翌日。小樽のドーミーインをチェックアウトする。ここは美味しい朝食がウリらしいけど、部屋も満室で物凄く混雑しているらしく、なんか面倒くさくなってパスした。そしてケンタッキーで激辛チキンサンドを食べた。ケンタッキーはお客さんが僕一人だった。

小樽市の総合博物館というのが面白そうだったので、行ってみることにした。歩いて20分くらいかかるとのことだが、外に出たら気持ちの良い陽気なのでそのまま徒歩で向かう。本当に素晴らしい天気だ!海からの風が気持ちいい!

f:id:maemuki:20130715104415j:plain

このフェリーは舞鶴に行くらしい。今日の深夜に出港して明日くらいに着く。これに乗っちゃうのも有りかな?と思ったけど舞鶴って超暑そうなので止めておいた。

f:id:maemuki:20130715111436j:plain

さわやかな道を歩いていくと博物館に着いた。ここはもともと交通博物館で、廃線になった手宮線の「手宮駅」をそのまま利用したもの。銅像は北海道鉄道の父といわれるジョセフ・クロフォードさんらしい。

f:id:maemuki:20130715111513j:plain

入り口や入場券売り場もこんな感じで凝ってます!当時のそのままなのかな?違うか…。

f:id:maemuki:20130715114102j:plain

入場するとアナウンスが流れて「まもなくアイアン・ホース号の運転が始まります‥」という煽りが入ったので、よくわからないけどとりあえず行ってみることにした。アイアン・ホース号という蒸気機関車に乗車体験ができるらしい。楽しそう!ということで行ってみると休日ということでちびっこが山ほど乗っていたけど臆せず乗った。鉄ヲタだと思われているんだろうな〜

外に出ると大量の鉄道の車両が置いてあり、そのまま中に入ったりできるらしい。これは好きな人にはたまらないだろうな〜と思った。

アイアン・ホース号が出発すると、構内を少し走った後に止まって、そのまま降りるように促される。方向を転換するのだ。

f:id:maemuki:20130715113719j:plain

 

f:id:maemuki:20130715113619j:plain

これは・・・面白い!上に乗って一回転して、車両と再連結する。

滅多に観られない貴重な物をが観られて嬉しい。連結が終わるとおおーと拍手が起こった。

そのまま短い行路を経て、再度車両と切り離して、今度は機関車本体を倉庫に収める。

f:id:maemuki:20130715115039j:plainこんな感じで短いけれどもお仕事を終えて倉庫に入る。近くで見ているときちんとメンテナンスされていて、凄い仕事だなと思う。楽しそう。

この倉庫がまた素晴らしく、当時の名残をそのまま残していて、公開されているところに入ってみて見物したが、美しくて雰囲気があって、イヤ〜素晴らしいです。

f:id:maemuki:20130715115706j:plain

f:id:maemuki:20130715115901j:plain

このSLにも実際登れて、運転席を観察することができる。これはほんと、たまらないだろうな〜

f:id:maemuki:20130715120238j:plain

よくここまで残してあるなと感心しました。美しい〜!

f:id:maemuki:20130715120346j:plain

 こんな感じで細かい部品まで展示してあった。僕は素人だけどたまらない人にはたまらないんだろうなと想像しながら眺めた。

f:id:maemuki:20130715121426j:plain

その次、博物館の中を見学する。北海道で初めての鉄道である手宮線。これは北海道開拓の歴史の中でも大きなもので、建設にあたっての北海道ならではの苦労や、歩みなど色々勉強になりました。上は鉄道のポイントの切り替えについて実際に体験ができるマシーン。列車の流れを赤いピカピカで表現して、レバーを切り替えて、目的地まで列車を誘導しようというもの。何回かやってみたものの、要領が悪いので何回も転覆させてしまった・・・。

 

博物館を出て中心部までまた歩いて戻る。天気が良すぎて凄く暑くなってきた。それでも東京よりはマシで快適とも言える。

機嫌が良くなったのと、道を歩いている人もあまりいないので、ずっと歌を口ずさんでいた。

「まわるまわる非情な影〜♪置き忘れた首が〜♪」なぜか頭の中で流れだしたのは黒夢の「中絶」に入っている「浮遊悲」という曲だった。おじさんが一人口ずさむ曲にはふさわしくない気がするが、誰にも聴かれていないので問題ない!

f:id:maemuki:20130715124629j:plain

油断しているとこんな美しい建物が普通にある小樽!あなどれない街…。

f:id:maemuki:20130715124801j:plain

暑いので木陰でしばらく休んだ。この公園の周りにも古くて綺麗な建物が沢山。見学できるようにもなっていた。どれも美しい。

そのまま観光ゾーンへ言ってみるも、人、人、人、人の海でまるで休日の新大久保のようだった(おおげさ)

この後駅前の商店街で軽く昼食を取りつつ、今度はバスで札幌に向かった。

f:id:maemuki:20130715180519j:plain

札幌でお友達がTwitterで教えてくれたリトルジュースバーに行ってみた。いちごけずり、というのが美味しいらしい。古民家を利用したオシャレなお店。

名前の通りジュースが主力商品らしい。北海道のマンゴーを使った生ジュース980円がきになる!けど、いちごけずりにした。車で買いに来て、オーダーの品が出来たら店員さんが車に届ける形式もアリらしい。東京じゃ考えられない。

イートインもできるらしいけど、なんだか臆してしまったので、外で食べた。

ふわふわのクリームに凍ったいちごのとりあわせ。ふわふわのクリームはほんのり甘くて、いちごの風味を邪魔していなくて凄く自然な味がして美味しい!

ちょっと疲れ気味なのでこの日はホテルでゆっくり寝て終わりました。